一升餅で初誕生日のお祝い

初誕生日のお祝い・儀礼、誕生餅、一升餅、一生餅または踏み餅、背負餅(しょいもち)運びについてです。

誕生日プレゼントネット
イチオシ商品

初誕生日に一升餅!
最近、割と有名になってきましたが、これは古くからあるしきたりです。

一升餅は、約2kg程になり、1才になったばかりの子供では背負いきれないほどの重さですが、 一生懸命立ち上がろうとするその姿が、また「カワイイ!」。 見守る、ママ・パパ、じじ、ばばも大喜びの一幕ですね。

餅に名入れをしてくれるところは少ないのですが、こちらは、他では中々無い安全な成分を使っての名入れをしてくれます。 字が綺麗と評判ですが、それだけではなく、字体にいろいろと工夫がなされています。

その工夫とは・・・? 詳しくは、ココをクリック!

一升餅で初誕生日のお祝い

初誕生日のお祝い・儀礼、誕生餅、一升餅、一生餅または踏み餅、背負餅(しょいもち)運びについてです。

1才の誕生日にお祝いとして1升分のお餅を用意し、 そのお餅を1才を迎える子供に、一升餅を風呂敷に包んで背負わせ歩かせる、というものです。 最近は、風呂敷ではなく、可愛いリュックをプレゼントしてもらい、それに入れるというようにするところもあります。

風呂敷の場合は、首に掛けると首が絞まる可能性があるので、肩に掛けます。お餅は地方によって違いますが、 一生のお餅、紅白二つのお餅、を用意するところが多いようです。

地方によっては、背負わせずにお餅を踏ませる「踏み餅」をするところもあります。

一升餅の重さは約2.0kgくらいですが、よちよち歩きの子供には結構重くて、背負って歩くのは大変です。 歩けなかったり、ハイハイすらできずに、固まってしまい大泣きしてしまうことが大半ですが、 一升餅を背負わせるのは、「一生を通して、背負えないほどの食べ物を手にする、食べ物に困らない」ようにとの願掛けの意味があります。

また、「早く歩き出す子は、親離れが早く、親元から遠く離れて住む」といわれているので、 「親元にできるだけいて欲しい」という親心が込められています。

背負って歩けずに、泣き出したり、逆に走り出したりとみんなの前ですると、賑やかに成長度合いを確かめ合うことができて、 ちょっと用意は大変ですが、大変思い出に残る行事です。

都会の家庭では、一升餅を手に入れるのは大変ですが、ネット通販で風呂敷サービスでお餅を用意してくれるところもありますので、 近所にお餅を作ってくれる和菓子屋さん等が無い場合は、注文しても良いと思います。


#他の家庭の人はどんな感じでやっているのでしょうか? その動画を見るにはこちらから!