初誕生日のお祝いの仕方、儀礼

初誕生日のお祝いの仕方、儀礼についてです。

誕生日プレゼントネット
イチオシ商品

初誕生日に一升餅!
最近、割と有名になってきましたが、これは古くからあるしきたりです。

一升餅は、約2kg程になり、1才になったばかりの子供では背負いきれないほどの重さですが、 一生懸命立ち上がろうとするその姿が、また「カワイイ!」。 見守る、ママ・パパ、じじ、ばばも大喜びの一幕ですね。

餅に名入れをしてくれるところは少ないのですが、こちらは、他では中々無い安全な成分を使っての名入れをしてくれます。 字が綺麗と評判ですが、それだけではなく、字体にいろいろと工夫がなされています。

その工夫とは・・・? 詳しくは、ココをクリック!

初誕生日のお祝いの仕方、儀礼

初誕生日のお祝いの仕方、儀礼についてです。

初めてのバースデーのお祝いの仕方は、最近では、洋風に

「バースデーケーキにろうそくを1本立ててみんな(親・祖父・祖母)で食事(お寿司等)」

という感じですが、日本古来のやり方もいろいろとあります。


有名なのは「背負い餅」(しょいもち)。よくテレビなどでも年中行事の様子を放映されていますが、 1才を迎える子供に、一升餅を風呂敷に包んで背負わせ歩かせる、というものです。

一升餅を背負わせるのは、「一生食べ物に困らない」ようにとの願いを込めるためです。 一升餅は約2.0kgくらいですが、よちよち歩きの子供には結構重くて、背負って歩くのは大変です。

ですが、わざと尻餅つかせることによって、「一生涯、背負いきれないほどの食べ物を手にする」という願掛けと、 「早く歩き出す子は、親離れが早く、親元から遠く離れて住む」といわれているので、 「親元にできるだけいて欲しい」という親心が込められています。

背負って歩けずに、泣き出したり、逆に走り出したりとみんなの前ですると、賑やかに成長度合いを確かめ合うことができて、 ちょっと用意は大変ですが、大変思い出に残る行事です。


もう一つは、「選び取り」です。

そろばん・筆(ペン)・お金・お米、などいろんなものを少し離れたところに並べて置いて、 誕生日を迎える子供がどれを一番先に選び取るか?で将来の職業を占う、というものです。

並べるものは、各地域でいろいろで、またその地域によって意味も異なるようですが、 大体こんな感じです。

  • 筆(ペン)・・・文筆業
  • そろばん(電卓)・・・商売人
  • お金・・・お金持ち
  • お米・・・食べ物に困らない(農業・水産業・料理人)
  • ボール・・・スポーツ関係

他にも色々あるみたいですが、勝手に自分達で決めてもいいと思います。 これもちょっとハラハラ、ドキドキの一幕で、みんなでワイワイと楽しい一時を過ごせます。

親の用意は大変ですが、きっと楽しい初誕生になると思いますよ!